ドワンゴ、スタジオジブリで使われるアニメ制作ツール「Toonz」を無償公開 オープンソースプロジェクトを始動

eva_16_fe_4568_429.jpg



3月26日に開催されるアニメイベント「AnimeJapan 2016」内でドワンゴによるアニメ制作ツールの発表が予告されていましたが、その詳細が発表されました。



アニメ制作ソフト『OpenToonz』を3/26公開 ~ジブリ作品で使われたToonzに新機能を追加し無償提供~

 株式会社ドワンゴは、この度、イタリア・ローマのDigitalVideo社が独自開発したアニメーション制作ソフト「Toonz」を買収しました。DigitalVideo社とドワンゴはこの買収について、ドワンゴが「Toonz」を元にしたオープンソースプラットフォームを開発し公開するという条件のもとに合意しています。この合意に基づき、ドワンゴは「Toonz」をもとにオープンソースソフトウェアを開発し、「OpenToonz」として誰もが無償で利用でき、改良できる形にして、3月26日(土)より公開します。

 「OpenToonz」には、長年「Toonz」を利用してきたスタジオジブリが独自に開発した、「Toonz」向けの機能(※Toonz Ghibli Edition)が含まれます。これに加え、ドワンゴでは自社の人工知能技術を使った「OpenToonz」向けのエフェクトや、誰もがエフェクトを追加できるプラグイン機能を新たに搭載し、あわせて無償提供します。
 ドワンゴは、「OpenToonz」を通じて、アニメーション制作に関連する様々な研究成果を即座に制作現場に生かせるようなプラットフォームを作り、学術研究と映像産業が活発に連携できるような環境を提供できればと考えています。

 また、3月26日(土)・ 27日(日)に東京ビッグサイトで開催されるアニメイベント『AnimeJapan 2016』にて、「OpenToonz」の展示・説明会をKADOKAWAブースで行うことが決定しました。26日には、クリエイションステージにて『アニメーション制作ツールのオープンソースプロジェクトについて』と題したセミナーを行います。ドワンゴ会長・川上量生のほか、「OpenToonz」について共同研究を行っている東京大学大学院情報学環の岩澤駿助教、特別ゲストとしてスタジオジブリ エグゼクティブ イメージング ディレクターの奥井敦氏が登壇します。
(※)Toonz Ghibli Editionは、「Toonz」のソースコードをスタジオジブリ社内でカスタマイズしたもので、『借りぐらしのアリエッティ』以降のほぼすべての作品の仕上、色指定、撮影工程(手描きの絵をスキャンするところから、最終的な画面を組み上げるところまでの各工程)で使用されています。

■関係者からのコメント
<スタジオジブリ エグゼクティブ イメージング ディレクター 奥井敦氏>
 1995年「もののけ姫」制作時に一部をデジタル制作する為、当時使用出来たソフトから選定したのが「Toonz」です。混在させても違和感が無く、劇場クオリティでもストレスなく作業出来る事が条件でした。以降、メジャーバージョンアップも乗り越え、より使い易く改良を重ねながら使用してきました。今回のオープンソース化にあたり、Ghibli Editionも提供出来る事になりました。アニメーション業界はもとより、より多くの人に使用していただければ幸いです。DigitalVideo社スタッフに感謝いたします。

<DigitalVideo社・マネージングディレクター/Toonz開発者Claudio Mattei氏>
 Toonzをオープンソースプラットフォームにし、アニメーション業界に提供するというドワンゴとの契約は、Toonzを2Dアニメーション業界の標準にするというDigital Video社の戦略がひとつの到達地点に達したものと考えています。同時に、これは我々にとって、オープンソースビジネスモデルを推進するという新たな始まりでもあります。DigitalVideo社は既存ならびに新規の顧客に対して、Toonzのトレーニングやカスタマイズを提供することによってこれを実現していきます。我々は1995年から「Toonz」を使い続け、最も高名なユーザーでもあるスタジオジブリや、ドワンゴとともに今回の取り組みを行えることを誇りに思っております。


ニュース|広報情報|株式会社ドワンゴ
http://dwango.co.jp/pi/ns/2016/0318/index.html



【報道記事】
ジブリで使用されているアニメ制作ソフト「Toonz」の無償公開が決定!ドワンゴがオープンソース化、両社独自の機能も実装 | インサイド
http://www.inside-games.jp/article/2016/03/18/97002.html

ドワンゴ、スタジオジブリでも使われているアニメ制作ソフトを無償公開、オープンソースソフトとして提供 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160318_749079.html

ジブリが使用したアニメ制作ソフト「Toonz」、ドワンゴがオープンソース化し無償公開 - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/18/news171.html



ドワンゴは、スタジオジブリ等が長年使うアニメ制作ソフト「Toonz」を買収。誰もが無償で利用・改造可能な「OpenToonz」として3月26日より公開するそうです。
ジブリ独自開発の機能やユーザーがエフェクトを追加出来るプラグイン等もあわせて無償提供されるとの事。


AnimeJapan 2016ではドワンゴ川上会長が登壇しセミナーを行う他、KADOKAWAブースにて実際に体験できるデモンストレーションも実施されるそうです。


【公式サイト】
OpenToonz
https://opentoonz.github.io/

メインエリア|AnimeJapan 2016
https://www.anime-japan.jp/main/outline/



ドワンゴの川上会長は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」を制作する株式会社カラーの取締役にも就任されており、カラーとドワンゴの共同アニメプロジェクト「日本アニメ(ーター)見本市」にも参加されていました。
2015年にはカラー、ドワンゴ、スタジオポノックの3社で新スタジオ「でほぎゃらりー」も設立されています。


関連記事
AnimeJapan 2016、クリエイションエリアに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』美術を展示
AnimeJapan 2016、AJガチャに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」缶バッジがラインナップ
ドワンゴ・カラー・ポノックによる新スタジオ「でほぎゃらりー」設立 庵野秀明監督らが取締役を務める



最新記事

注目の記事(過去一ヶ月)

この記事へのコメント

≪PREVHOMENEXT≫

エヴァンゲリオン
エヴァストア
注目のアイテム
EVANGELION:FINAL
シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 公開まであと…
サイト内検索
スポンサード リンク





新着記事
エヴァカスタム「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」ジャケイラストのiPhoneケース、パスケース、モバイルバッテリー発売
新世紀エヴァンゲリオン「残酷な天使のテーゼ」ミュージックビデオ(HDver)公開 摩砂雪監督が再編集・再調整
エヴァンゲリオンレーシング【2018】モデルの「ポンチョ」「ライダージャケット」「ZIPシャツ」他、関連グッズが登場
エヴァコラボの楽器関連機材「エヴァンゲリオン ミュージックギア」第1弾発売 ALPHA OMEGA 初号機VER.等が登場
エヴァンゲリオン養生テープ「初号機」「警戒」「NERV資材」デザインが登場
エヴァ仕様のスマホアクセサリー「ネルフ」「初号機」ポップソケッツ・グリップが登場
「エヴァンゲリオン展」2018年7月21日から神戸ゆかりの美術館で開催
エヴァTシャツ販売イベント「EVA T PARTY 2018」アニメイトJMA東京タワーで6月17日から開催




最新コメント

謎・豆知識・考察まとめ
jyo_qes.gif
ha_qes.gif
q_qes.gif
q_qes.gif

ピックアップ
eva_2014_11_wub_3078_2250.jpg【庵野秀明の世界 まとめ】
庵野秀明トークショーの各メディア記事まとめ
eva_2014_11_wub_3078_2255.jpg【幻の未公開エヴァ劇場版】
進撃の巨人にソックリだったと庵野監督が語るもう一つのエヴァ旧劇場版
eva_2014_11_wub_3078_2295.jpg 【次回作はロボットか宇宙物?】
めざましテレビで語る庵野監督の次回作
eva_2014_11_wub_3078_2296.jpg【庵野版ナウシカは実現しない?】
海外メディアインタビュー回答
eva_vs_godzilla_06_00501.gif
エヴァ本(amazon)

Amazonランキング


アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Amazon
カウンター
ブログパーツ